子どもから動ける様になる秘策!

こんにちは!

としです!

 

前回は

 

改善したいことに対し

沢山褒め取り組むことについて

話しました!

 

今回は

4つ目です!

 

4つ目のポイントは

 

「生活スケジュールを作る」

ということです!

 

生活スケジュールを立てると

 

生活の流れが

頭に入りやすいので

f:id:h30lohas0401:20180920231525j:image

流れを見ながら行動でき

安心して取り組めます!

 

また

普段の生活のリズムができ

f:id:h30lohas0401:20180920231809j:image

無計画で生活するよりも

見通しを持って取り組めます!

 

 

だから

スケジュールを立てることが

必要なんです!

 

 

ただ

ここで注意することがあります!

f:id:h30lohas0401:20180920231905j:image

 

スケジュールを立てる時

多くの人は

 

・19:00 帰宅

・19:30 ご飯

・21:00 お風呂

 

・22:00 就寝

 

など

f:id:h30lohas0401:20180920232003j:image

やり始める時間を

決めることが多いと思います!

 

ただこの方法は

・マイペースな子

・集中力が続かない子

・夢中になると長くなる子など

f:id:h30lohas0401:20180920232138j:image

時間が変動しやすい子には

実行が難しいです!

 

私自身、上のような計画を立て

やったことがありましたが

 

実際

その通りやれたことが

ありませんでした

f:id:h30lohas0401:20180920232324j:image

また

改善もあまりありませんでした

 

 

 

そこで

私がオススメしているのが

f:id:h30lohas0401:20180920233241j:image

やる順番だけを決める

方法です!

 

 

例えば

 

家に帰り寝るまでを

 

・帰ったら手洗いうがい

・ご飯

・自由時間

・お風呂

・寝る

 

というように

 

帰って寝るまで

 

やる順番を

あらかじめ計画します!

 

f:id:h30lohas0401:20180920233705j:image

あくまで時間ではなく

 

順番を決めるということです!

 

 

 

これのメリット

 

流れが決まっており

f:id:h30lohas0401:20180921090059j:image

次に何をやるか考えながら

主体的に動き易いこと

 

そして

 

1つにかかる時間関係なく

実行できるので継続ができる

 

ということです!

f:id:h30lohas0401:20180921090242j:image

 

 

 

保育施設では

子どもが動きやすいよう

 

あらかじめ1日の動きを伝え

次にやることも伝えます

 

なぜするのかというと

 

 

子どもに

・今日どんなことをするのか

・次にどんなことをするのか

 

知ってもらう為です!

f:id:h30lohas0401:20180921092433j:image

 

 

これによって

 

今日何をやるのかな?

f:id:h30lohas0401:20180921092603j:image

次は何すれば良いの?

という不安疑問を減らし

 

子ども自身が

安心しスムーズに動くことが

できるようになります!

 

 

 

 

人は

f:id:h30lohas0401:20180921092638j:image

何をするか分からない時

 

自分で、理解できない時

不安を感じます

 

そして

 

それがストレス

集中できない原因になります

 

 

 

これは

あなた

発達障がいを持っている子

健常児も

f:id:h30lohas0401:20180921092858j:image

同様に感じます!

 

そして

 

不安が無くなることで

安心して動くことができ

f:id:h30lohas0401:20180921092946j:image

次はこれをやるんだ!  と

 

子ども自身で考え

動くキッカケになります!

 

実際に

 

保育園では

先生方がその為に

 

4月の初めから

f:id:h30lohas0401:20180921093212j:image

・生活の流れを決める

・片付けで同じ曲を弾く

・話す時の掛け声を決める

 

などを行っています

 

実際に実習では

 

発達の遅れがある子

f:id:h30lohas0401:20180921093554j:image

にやったこと

他の子の動きを見て

自ら動く姿を

見ることができました

 

 

 

 

ただ

 

f:id:h30lohas0401:20180921094618j:image

子どもが習慣を

見に付けるのにかかる

期間には個人差があります。

 

その為

子ども自身で動くキッカケ

不意にやってきます

 

 

だからその時まで

f:id:h30lohas0401:20180921094501j:image

環境を整えておくことが

必要なんです!

 

その為に

 

まず

 

子どもが動きやすい環境

作るために

 

ペンとノートを持ってきて

f:id:h30lohas0401:20180921094545j:image

子どもが寝るまでの

スケジュールを立て

書き出してみましょう!

 

分からないことや

聞きたいことがあったら

気軽に質問して下さい!

 

コメントもお待ちしています!

 

次回は

5つ目のポイントについて

お話しします!

 

是非次の記事もご覧下さい!