「褒めているだけ」になっていませんか?

 

こんにちは!

としです!

 

前回は分解することについてお話ししました!

 

今回は3つ目です

 

 

 

3つ目ポイント

f:id:h30lohas0401:20181124141438j:image

「沢山褒める」

ということです!

 

これを聞いて、

 

こう考えている方は

いませんか?

 

「何か一個できたら

   沢山褒めれば良いってことでしょ?」

 

残念ながらそれは違います。

 

ただ

 

沢山褒めるだけでは

意味がありません!

 

f:id:h30lohas0401:20181124141544j:image

 

では

 

 

 

どんな時に

褒めれば良いのか

 

を入れながら説明します!

 

 

例えば

 

 

 

苦手な教科(国語)を

 

勉強するとします

 

f:id:h30lohas0401:20181124141841j:image

 

苦手な教科は

 

 

嫌いな教科

あることが多い

ですよね

 

 

 

また

 

嫌いな教科、苦手な教科

 

集中力が

続きにくいです 

 

f:id:h30lohas0401:20180902212440j:plain

 

 

なので

 

「点数を上げる」

という目標に対し

 

沢山の壁

発生します!

 

 

 

ここで必要になのが 

 

f:id:h30lohas0401:20180902212754j:plain

沢山褒める

ことです!

 

前回

 

「行動を細かく分ける」

 

ことを話しましたが

 

もう一度

 

子どもの目標に対し

どんながあるのか

 

考えてみましょう!

 

f:id:h30lohas0401:20180902213114j:plain

 

 

 

例えば

 

国語

くやろうとせず

歩きまわっている子

 

で考えてみます!

 

まず考えられる壁は

 

f:id:h30lohas0401:20180902220629j:plain

①椅子に座る

 

②ペンを持つ

f:id:h30lohas0401:20180902220133j:plain

③ペンで書く

(絵や落書き)

 

④ペンで文字を書く

 

f:id:h30lohas0401:20180902220719j:plain

 

お分かりですか?

 

このように

文字を書くまでにも

沢山の壁があります!

 

f:id:h30lohas0401:20180820205524j:plain

 

この壁を越える時に

 

大切なのが 

 

「沢山褒めること」

 

なんです!

 

 

 

つまり

 

1つのことで

ただ沢山褒めるのではなく

 

子どもが

壁を越えるごと

褒めることで

 

結果

 

 

 

目標までに子どもを

 

沢山褒めることが

できる!

 

という訳です!

 

 

f:id:h30lohas0401:20180902221301j:plain

 

 

あなた

 

沢山褒められたら

「嬉しい」ですよね?

 

 

やるなら

 

沢山褒められたい

ですよね?

f:id:h30lohas0401:20181124143456j:image

それは

 

子どもでも一緒です!

 

そのため

子ども自身が

褒めて貰ったことで

 

 

やる気になり

 

自分で動くことにも

繋がります!

f:id:h30lohas0401:20181124143637j:image

 

 

そして

 

壁を沢山越えたことで

 

目標までの距離

ぐっと近くなります!

f:id:h30lohas0401:20181124143658j:image

では!

 

分けたに対し

1つずつ取り組んでみましょう!

 f:id:h30lohas0401:20181124143905j:image

 

その時感じたことがあったら

 

書き出して残しておく

見返せるのでおススメです!

 

 

次回は

4つ目のポイントについて

お話しします!

 

是非

次の記事もご覧下さい!

 

コメント質問も

宜しくお願いします!