大きすぎるものからは何も分からない

こんにちは!

としです!

 

 

前回から

 

改善したいことに取り組む時のポイントを

話してきました!

 

 

 

では

 

2つ目のポイントについて話します!

 

 

 

 

2つ目のポイントは

「分解すること」です!

 f:id:h30lohas0401:20181111130822j:imagef:id:h30lohas0401:20181111131050j:image

あなたもそうだと思いますが

 

苦手なこと、慣れていないこと

をする時

 

不安や避けたい気持ちになります!

 

 

 

 

その結果

 

精神的、体力的にも疲れてしまいます

 

 

 

そして 

 

その状況はやっている時だけでなく

移動中、始める直前など

 

多くの瞬間で起きます

 

 

私はその瞬間1つひとつと考えています!

 f:id:h30lohas0401:20181111131154j:image

 

これは

 

子どもも一緒です!

 

慣れていない事に挑戦する時

 

沢山の壁に直面し

 

この壁1つひとつで

 

「やりたくない 」

     「辛い」

思いになります!

f:id:h30lohas0401:20181111131233j:image

なので

 

一度に越える壁が多いほど

 

子どもの負担

やりたくない思い

 

大きくなってしまいます!

f:id:h30lohas0401:20181111131332j:image

 

その結果

  

子ども自身

やる気にならず

続かない

 

 

一生懸命やっても

なかなか成果が出ない

 

などのことが起きます

f:id:h30lohas0401:20181111131503j:image

 

やっていて変化がない

成果が見られないという状況だと

 

あなたや子どもも辛く

 

自分を責めてしまうことが

あると思います!

 

 

 

そこでやってほしいことが

 

改善したいことを

 

分解することです!

 

f:id:h30lohas0401:20181111130822j:image

 

分解するとは

 

改善したいことに対する

 

子どもの行動を

細かく分け考えることです!

 

 

 

まず初めに

 f:id:h30lohas0401:20181111131724j:image

子どもが今どこまでできているか

 

を考えてみて下さい!

 

これを知ることで

 

子どもが次に

どんな壁に当たるかを

ある程度知る事ができます!

 

 

恐らく

 

すぐに考えられる行動は

大きな目標だと思います!

 f:id:h30lohas0401:20181111131839j:image

それを次は

細かく

分けてみましょう!

 

 

 

例えば

 

友達と遊べるようになる

目標に対し取り組むとします!

 

 

今の子どもの状況

 

人見知りで遊ぶ時も

あなたにベッタリ

f:id:h30lohas0401:20181111131940j:image

であるならば

 

 

目標として

 

①他の子どもも遊んでいる場所に行く

 

②他の子が遊んでいる場所で遊ぶ

 

f:id:h30lohas0401:20181111132218j:image

③他の子と近い距離で遊ぶ

 

④他の子が遊んでいるもので一緒に遊ぶ

f:id:h30lohas0401:20181111132341j:image

⑤決まった子と繰り返し遊ぶ

 

 

と考えられると思います

 

ただこれは

 

大きな行動目標のため

子どもにとって

 

一度に越える壁の

数が多く大変です!

 

 f:id:h30lohas0401:20181111132420p:image

①ができていなかった子にとって

 

①を越えた時に

気を使い、緊張もしているので

沢山のエネルギーを使っています!

 

その為、

 

次の行動に移る余裕がない子も

沢山います!

 

 

また一度に越える壁が多すぎると

その子が持っている

 

エネルギーが足りなくなり

取り組めない子もいます!

 

f:id:h30lohas0401:20181111132838j:image

つまり

 

できる限り

 

少ないエネルギーで

越える事が

できるである事が

必要なんです!

 

f:id:h30lohas0401:20181111133104j:image

 

それでは②の他の子が

遊んでいる場所で遊ぶを

 

僕なりに細かく分解してみます!

f:id:h30lohas0401:20181111133857j:image

まず次のステップは

 

➀その場所の入口で様子を見る

 

➁その場所の中に入る

f:id:h30lohas0401:20181111133955j:image

➂その場所の中に入り様子を見る

 

➃他の子が遊んでいる様子を見る

 

➄他の子から離れて一人で遊ぶ

 

➅他の子の遊ぶ様子を見ながら遊ぶ

 

数が多いので、書き切れませんが

 

子どもたちは

この一つひとつで

 

実は苦労して壁を越えています!

 

f:id:h30lohas0401:20181111134130j:image

 

 

一度に越える壁が減る事で

子どもたちの負担も減るため

 

取り組む姿勢も変わってきます!

f:id:h30lohas0401:20181111134253j:image

そして

この壁の分解を

マスターできれば

 

今まで気づけなかった

 

子どもの

頑張りや変化に

 

気づく事が

出来るように

なります!

 

 

 

子どもの頑張りや

変化に気づけたら

あなたも安心でき

 

 

何より

嬉しいですよね!

f:id:h30lohas0401:20181111134419j:image

 

 

 

では

 

子どもの為にも

あなたの為にも

 

 

改善したいことを

分解し

 

ノートに書き出して見ましょう!

f:id:h30lohas0401:20181111134453j:image

 

次の記事では

3つ目のポイント

について話します!

 

是非

 

次の記事もご覧下さい!

 

分からない事があれば

気軽に質問して下さい!

 

コメントもお待ちしています!