私の意識は本当の意識ではありません

こんにちは!

 

としです!

 

前回は

指導される子どもの

視点と感じ方について

話しました 

 

今回はその続きです!

 

その点が分かった上で、

 

具体的にどのような支援が

必要なのかについて

話していこうと思います。

 

=====================

 

この記事を読むことで

 

無意識で

起こることへの対策とは何かを

知ることができます。

f:id:h30lohas0401:20181013184546j:image

またそれによって

 

あなたの子どもに合った

支援を行うことの

キッカケになります。

 

確認ですが

 

 無意識で起きてしまうことって

子どもが防ぐことは難しいです

 

あなたが防ぐことは

もっと難しいです!

 

無意識で

起きてしまうことに対して

 

やみくもにやっても

疲れ、苦しみ

何も進展がなく

過ぎていくだけです。

 

あなたが

子どもにしてあげる支援を

より意味のあるものにする為に

この記事を読み進めて下さい

 

 

 

=====================

ではその方法について

これから紹介していきます!

 

まずは具体的な方法の前に

 

行う意図を

理解してもらうために

 

その方法をする理由から

話していこうと思います。

 

前回の記事で話した通り

 

障害の特徴により

起きる行動は理性が働かず、

 

無意識のうちに

起きてしまいます。

f:id:h30lohas0401:20181013142334j:image

その為

理性の部分を指導し続けても

改善されにくく、

 

むしろ

子どもを追い込んでしまう

原因になってしまう

 

ここまでは

前回の記事で紹介しました。

 

では

この状況でどの部分に対し

取り組んでいけばよいでしょうか?

 

理性の部分ではないとしたら

どの部分でしょうか?

 

残っているのは

1つしかありませんよね?

 

そうです!

無意識で行う

部分です!

 

ここで思う人はいませんか?

 

無意識に部分は

 

子どもがコントロール

できる部分では

ないんじゃない?

 

 

 

それは正解です。

f:id:h30lohas0401:20181013142715p:image

無意識の部分は子ども自身が

コントロールしにくい部分です

 

 

なので

視点を変えて取り組む必要があります!

f:id:h30lohas0401:20181013142754j:image

その視点を

いきなり紹介すると

分かり辛いので

 

身近なものを使って

説明していきます!

 

その身近なものとは

ご飯で使うお箸です!

f:id:h30lohas0401:20181013143247j:image

改めて考えてみて下さい

 

箸って普段

どんな時使いますか?

どう持ち、どう使いますか?

 

あなたにとって

当たり前かもしれません

 

そう!

箸を使うのは

ご飯の時ですよね!

 

ご飯を食べる時、

 

あなたはどんな事を

考え食べていますか?

f:id:h30lohas0401:20181013143050j:image

あっ!

これ今日は美味しくくできた!

 

最近色々忙しくて疲れたな-

 

明日は園で持ち物あったっけ?

 

 

そんなことを考えながら

子どもの食べる様子を見て

テレビやスマホを見て

 

ごはんを

食べていると思います。

 

ここで質問です!

 

その時あなたは

箸の持ち方や使い方を

考えながら食べていますか?

f:id:h30lohas0401:20181013143145j:image

親指、人差し指、中指で

上の箸を持って

 

下の箸は親指の付け根に挟んで....。

 

そんな事考えて

食べてませんよね!

 

でも

生まれて間もない

赤ちゃんの頃から

 

箸でご飯を

食べていましたか?

f:id:h30lohas0401:20181013143325j:image

 

 

不思議ですね!

 

いつからかは分かりませんが

 

箸の使う方法を考えなくても

できるようになっています!

 

これが

無意識に対して取り組む

ヒントです!

 

つまり

 

改善するための行動

無意識化できれば

 

意識せずに

できるようになる!

 

ということです!

 

意識して

やらないということは

 

無意識で

問題行動をしている時に

 

改善する行動も

できるようになる

ということです!

f:id:h30lohas0401:20181013143555j:image

改善する行動も

できるようになれば

 

問題行動も必然的に

改善されていくと

思いませんか?

 

 

 

ただ

 

改善する行動を

無意識化する方法

まだ紹介していませんよね?

f:id:h30lohas0401:20181013144028j:image

一度に話してしまうと

整理できない人もいると思うので

今回はここまでにします!

 

次の記事では

その具体的な方法

紹介していきます。

 

是非次の記事もご覧下さい。

 

次の記事

https://h30lohas0401.hatenadiary.com/entry/2018/10/10/212508