あなたの何気ない一言が、子どもを追い込んでいませんか?

 

こんにちは!

 

としです!

 

前回の記事では

障害の特徴による失敗には

パターンがある事について

紹介しました。

 

今回は

 

改善したい行動に対し

 

どのような視点を

持つ必要があるかについて

話していこうと思います!

f:id:h30lohas0401:20181014115310j:image

 

子どもの視点抜きに

支援をしても、改善は愚か

子どもを苦しめるだけです!

 

あなたが

子どもの幸せのためにした事が

子どもを追い込む原因になる

 

それはあなたが

望んでいたことですか?

 

それを防ぐ為にも

この記事から子どもの視点を

知り支援に繋げて下さい。

 

 

 大事だと思ったことは

メモを取り見返せるようにしましょう!


==============================

  この記事を読む中で

 

なぜ、障害を持つ子が

 

同じ失敗を

繰り返してしまうのか

 

そして

注意された子どもが

どう感じるのか

知ることができます

 


==============================

 では

なぜそう言えるのかについて

話していきます。

 

ここでは ADHDを持つ人に良く見られる

・衝動性 

・注意欠陥の特徴から

考えていきます。

 

まず確認にはなりますが

この特徴が出てしまう原因は

 

脳の発達に凸凹(でこぼこ)が

あるからです。

f:id:h30lohas0401:20181013005623j:image

それにより

 自分をコントロール

することが難しくなります。

 

その為

行動した時、

 

理性で

判断しているわけではなく

 

無意識のうちに

やってしまっている

という状況になります。

f:id:h30lohas0401:20181013010013j:image

なので

その状況で直そうとする為に

 

善悪の判断や繰り返すこと

 

要するに

理性に部分について

指摘し続けてしまうと

 

言われた子どもは

自尊心が低下し、できない苦しみを

より大きくしてしまいます

f:id:h30lohas0401:20181013010050j:image

 

 

 

想像してみて下さい

 

あなたは職場で勤務中です

 

最近疲れが取れなくて、常に眠いな

 

そう思いながら

眠たい目をこすり

辛い腰をたたきながら

書類に目を通しています

f:id:h30lohas0401:20181013010544j:image

 

そんな時、

大事な業務の話があると

上司に呼ばれました

 

なんの話だろうな

そう思いながら行くと

 

期限が迫り

行き詰っている事業について

アドバイスをしてくれる

 

とのことでした

f:id:h30lohas0401:20181013010452j:image

上司も忙しい中

わざわざ時間を取り

 

私に話してくれるなんてなんて

優しい上司なのだろう

 

そう思いながらそのアドバイス

聞き始めました

 

そしてその話が10分ほど続いた時

 

 

つい

 

話の最中にあくびを

していまいました

f:id:h30lohas0401:20181013011536j:image

それを見た上司は、

目の色を変え

 

大事な話の最中に

あくびをするとは

なんて非常識な人間なんだ!

 

と顔を真っ赤にして怒鳴りました

f:id:h30lohas0401:20181013010343j:image

その一瞬で

自分はなんてことをしてしまったんだ

 

わざわざ

自分のためにしてくれたのに

その思いを裏切ってしまった

 

自分はほんとに駄目な人間だ

そう自分を責めてしまうと思います

f:id:h30lohas0401:20181013010659j:image

 

この状況を整理すると

 

話し中に

あくびをすることが悪いことは

勿論分かっていたと思います

 

それでも疲れという原因によって

そうなってしまいました

 

 

自分でも、

悪いと思っていることを

やっているので

 

怒った上司が悪いなんて

思えないですよね

f:id:h30lohas0401:20181013011631j:image

つまり

自分の行動を責め

過ちを犯す自分自身に

いらだち、呆れ

 

自尊心が低下し

やることに関し自信も

なくなります

 

f:id:h30lohas0401:20181013010813j:image

この状況が1、2か月も続いたら

身も心も疲れ、

自分に自信も持てなくなり

 

仕事が嫌になってくると

思いませんか?

 

 

要するに

 

理性的な部分ではなく

無意識に起こる部分が

 

気になる行動の大きな原因に

なっている場合

 

理性的な部分で判断できる点を

強く指摘し、言い続けること

 

子どもを

 

精神的に追い込み、

自尊心を低下させる

原因になってしまう

 

ということです

 

f:id:h30lohas0401:20181013011127j:image

 

ではどうやって

取り組んでいけばいいの?

 

そう思ったあなた!

 

その疑問については

長くなってしまったので

 

次回の記事で

詳しく話していこうと思います!

 

書いた内容で

分からない部分がある場合は

 

 

このブログのコメントで聞き

すぐに解決させて下さい

 

それを考える時間や体力は

もったいないです!

 

 

今回の内容が理解できた方は

 

下記のURLから

次の記事に移動してください

 

 

https://h30lohas0401.hatenadiary.com/entry/2018/10/04/225345